0

金の切れ目が縁の切れ目?

もし、家族にお金を貸してほしいと言われたら額にもよるが貸すと思います。親、兄弟の範囲で理由や使い道を聞き、納得できれば自分の生活に支障がない額で貸します。その際にはいつまでに返してもらえるかなども約束します。兄弟に貸すときは、たとえ少額でも親に見届け人の役をしてもらうかもしれません。母に貸すときは父を、父に貸すときは母を見届け人にします。親(特に母)はお金を借りたり貸したりする事が大嫌いなので家族にお金を貸すことは今の時点ではかなり考えにくいです。『金の切れ目が縁の切れ目だからね』とよく言っています。今まで家族には何かのお金を立て替えておくことはあっても、お金自体をそのまま貸したことはありません。
子どもの頃に良くしてもらった親戚のおばさんにはお金を貸した事があります。貸したといっても5000円くらいですが。ひとりで年金生活をしている家に遊びに行ったときに貸してと頼まれました。その時は手持ちがなく、帰りの交通費も必要だったので5000円ならという話で貸しました。年金生活で毎月かなりカツカツのようでした。未だに返してもらえてないですが、その時家には泊めてもらったので宿泊代と考えています。しかし、その後電話で話したりするときに年金がこれしかないとか、生活費にどれくらいかかるとかお金の話ばかりするので私も少し会いに行きづらくなり、その親戚とは疎遠になってます。
友人・知人には基本的にお金は貸さないです。よく会う友だちがその日たまたま手持ちがないとかだったら数千円の範囲で貸します。

0

インフルエンザ。

12月、ほとんど体調を崩さない主人が39度を超える高熱を出してダウンしていました。

ずっとインフルエンザの注射に行こうと言っていたのですが、自分は大丈夫だからと注射をしていませんでした。

のどの痛みもないし、咳も鼻づまりもないのに熱だけっていうことはもしかしたらインフルエンザかもしれない・・・一晩だけ様子をみて翌日病院に行くことにしました。

夜中も節々が痛くて寝付けれず、ものすごく辛そうでした。

翌日も9度近い熱があったので急いで病院へ・・・インフルだろうと言われ検査をするとやはりインフルエンザでした・・・

数年ぶりにかかった主人は食欲もなくグッタリ((+_+))

インフルなので仕事も最低5日は休まないといけないし。

主人の職場は日給月給なので仕事を休むとそれだけ給料が減ってしまう・・・主人の収入のみでギリギリの生活をしている我が家は月末のお給料が恐ろしい。

しかも年末年始ということで出費も多いし。。。

案の定、生活費が数万円足りず・・・お正月何があるか分からないから少し余分も必要だし。

なので専業主婦でも借りられるローンを利用してなんとか乗り切りました。

急に仕事を休むことになるってあまり予想もしていなかったので大変でしたね・・・自分が甘すぎたと反省・・・専業主婦やめてバイトかパートに出ようかな・・・

0

銀行融資

私は個人事業主をやっているわけですので、幾分か銀行融資を受けています。銀行融資は低金利ですので、民間のノンバンクの事業者ローンよりもいい条件でお金を借りることが出来るんですよね。

でも、問題は銀行融資というのは時間がかかるということです。基本的に審査に時間がかかるので、時間がかかったうえに借りられないということになってしまえば、かなり残念なことになってしまいます。

この点が銀行融資のデメリットだと思います。

しかも、今は銀行融資というのはかなり受けにくい状況にありますからね。審査が通りにくいのです。

以前だったら通っていたような状況でも、今は通らないことが多いですから。

ですので、私は銀行カードローンを用意していて、いつでも借りられるようにしています。[銀行カードローン審査※総量規制対象外で低金利、高額融資も可能]

個人向けの融資制度ですが、カードローンですと、最初に決められた融資枠の範囲内ならば繰り返し利用することが出来るので、また審査を受けないといけないということがなくすぐに借りられるので、急いでいるときも大丈夫ですからね。

個人事業主ないので、こういう個人向けカードローンにはかなり助けられていますよ。個人事業を営んでいる人は持っておいた方がいいんじゃないかと思うカードです。

0

嫁にローンカードを作ってもらう

個人事業主をやっていて一番きつかったというか辛かったことが、どうしても事業資金としてお金が必要になったんですけど、お金が全くなくて入金の予定もなかったことがありました。

それなりにいい仕事を受けるために、そんなに高いものではないですが設備を整えるためのお金が必要だったのです。

で、自分の個人向けカードローンもすべて満額利用していたので、どうしようもなくて嫁にローンカードを作ってもらいました。専業主婦でも作れるローンカードがありましたので。【参考】専業主婦ローンカード

この嫁のローンカードを使ってお金を借りて、その時はどうにかしのぎました。かなりお金のない状態でしたので、生活費などもこのローンカードを使ってどうにかしたというわけです。

嫁にはカツカツの生活をさせているうえに、ローンカードまで作らせてしまったのはかなり公開していますけどね。個人事業主なんだから、全部僕個人が責任を負って仕事するべきだと思いますので。

嫁のローンカードに関しては、仕事で入金があるたびになるべく返済していって、なるべく早く返済し終えるようにして、今はもう嫁のカードは使っていません。

0

個人事業主

今個人事業主として土木関係の仕事をして5年目になります。この5年間いろいろありましたね。

僕自体が個人事業主というのを甘く見ていた部分も大きいのかと思います。ただ、簡単に稼げると思っていた部分が大きかったので、この考え方を治すところからまずはじめないといけませんでしたからね。

まず開業したばかりでは仕事も舞い込んでこないので、いろんなところに仕事をもらいにお願いするのとかもつらかったです。

あまり人に頭を下げて生きてきた人間ではなかったので、急に頭を下げないといけないのはなかなか抵抗がありましたから。

これからも個人事業主て頑張っていきます!!